宅建の試験対策は、メディア教材を意識して使いましょう!

宅建試験で大事なことは、とにかく1回の受験で突破すること。時間は貴重です。受験勉強も、ひたすら能率がよくなるようにしないといけません。 そこで教材選びも、いらないミスを犯さないようにすることが大切です。宅建の教材といえばテキストと過去問題集が必須なのですが、このときに見通してはいけないポイントがあります。それは、テキストや問題集は、本・冊子の形式でつくられているとは限らないことです。

最近の教育事業界では、メディア教材がいたるところで幅を利かせていることをご存じでしょうか? これは宅建に限らないのですが、たとえばDVDですね。あるいはCDもいいでしょう。
DVDのような映像形式のメディア教材と、CDのような音声だけの教材とに二分できるでしょう。
前者については、最近はインターネットが発達していますから、Webのテクニックを利用して動画で提供しているパターンもあります。

これらの最大の強みは、講義の風景を実際に撮影、あるいは録音しているという点です。テキストや問題集は、どんなに精巧に編集してあっても、受験者がひとりで読まないといけません。これでは絶対に、正確に理解できない部分が残ります。
しかし、そのテキストや問題集をもとにした講義風景を、目や耳から見聞きすることができたら、どうでしょうか? 理解は確実に深まるはずです。これが、メディア形式の教材の最大の効能です。宅建の勉強内容がとにかく専門的で、わかりづらい項目でいっぱいであることを思えば、メディア教材を冊子型のテキスト・過去問と併用したほうが正解であることは間違いありません。


宅建の知識がなくても、合格率を4倍にする方法