宅建の試験対策で、六法全書の比重はそれほどではない? 

宅建の教材は日々進歩しています。そのため、ずっと前は必要性が高かったものの、いつの間にかその必要性が薄れてきている……といった現象が起こることがあります。

その代表格が、六法全書でしょう。

宅建試験では、法令を中心に問題が作成されます。それならば、六法全書はあったほうがいいと誰しもがつい思いがちです。それはあながち、間違いではないでしょう。

しかし最近は、宅建の役割を網羅したテキストや問題集が出回っています。種類によっては、宅建受験のために六法を入手する必要はなくなっているのです。教材を一式買うときは、六法がなくてもよいかどうかを確認するのもいいでしょう、もっとも通信講座等の世話になるのであれば、そのあたりももれなく配慮してくれている可能性が高いのですが。

そして六法に関しては、また違った変化も起こっています。それは、宅建受験用に編纂された六法が発行されているという事実です。
六法は、本当にたくさんの法令が収録されています。しかし宅建受験で使う部分は、その一部に絞られてしまいます。つまり、宅建に関係ある法令だけを抜粋した、小型の六法を変える時代に現在はなっているのです。六法を使ってみたいなら、このよう宅建専用のミニ六法を選ぶことが大事でしょう。宅建のためにつくられている六法であれば、最新版を買っておけば最新の法改正にもきちんと対応してくれるはずですから、最新の受験対策をする上でもとても有効です。


宅建の知識がなくても、合格率を4倍にする方法